通知履歴
ようこそ!世界一こころ温まるカフェへ
お話の詳細
キャリア・就職
匿名さん
8ヶ月前
面接が怖くて仕方がない
あがり症がひどくて面接や面談、ミーティングの時に自分の意見や考えを言うと 特に悲しくもないのに涙とか鼻水が出て止まらなくなります。 抗不安薬飲んでもあまり変わらないです。 職種柄数多く受けるわけでもないですけど 受けても受けても成功体験がないので悪循環で毎回死にたくなります。 それとなく近い人に相談しようと思っても軽く捉えられるか引かれるか甘えだと言われるかです。 どうすればいいんでしょうか。 筆記試験や論文ならいくらでもやれるのにそれはなくても面接がないところなんてありません。 このままじゃどこにも就職できない気がして毎日不安と自己嫌悪に潰されそう。
不安ストレス身体症状無気力呼吸困難パニックトラウマ
専門家にオススメ 1個, 共感 92個, コメント 3個
専門家プロフィール
もぬき たかこ さんの専門コメント
8ヶ月前
リラックスしようとせず、緊張したままの自分を労わりながら臨みます
#不安 #ストレス #ありのまま #今ここ #マインドフルネス
匿名さん、こんにちは。心理士のもぬきたかこ と申します。本来のご自分らしさを思いだせますよう~心と体の本音を大切に、自分に親切で優しい生き方を見つけるために陰ながらサポートをさせていただいております。
[今回の悩み]
人前で意見を言う時に極度にあがってしまう匿名さん。涙や鼻水が出てしまうほどの緊張の中、これまで何度も面談をトライされてきたのですね。とても辛い時間だったと思います😓気持ちをわかってもらえないのではないかという不安もあり、誰かに相談することもできずにこちらにメッセージくださったのですね。このお悩みはおそらく匿名さんだけではなく、多くの方に共通のお悩みかもしれません。
[悩みの原因・分析]
人前で意見を言えないことも、相談できないことも、どちらも自分の気持ちや考えを受け入れてもらえないのでは・・・という不安や自信のなさが、もしかしたらあるかもしれませんね。その背景には、もしかしたらこれまでの人間関係の中で、気持ちを安心して表現することができずに意見を修正されたり、聞いてもらえなかったことが多々あったのかもしれません😢そうすると、いつの日からか発言を求められると純粋な自分の気持ちや考えではなく、人が納得する答えを自分の考えとして言おうとしてしまう場合があるのです。匿名さんはいかがですか? しかし、私たちは本当のところは、「他者にとっての正解」はそもそもわからないのです。面接の場面だとさらに「良い答え」を言おうとしてしまうので尚更ですよね。 自分が持つ数々の意見の中で、他人がOKしてくれる意見を探さないといけないのは至難の業です。ですから、緊張することは、全くおかしなことではなく、当然だと思っていてください。他者にとっての正解を探していなくても、自分の意見を言うのが怖くなってしまうのも自然なことです。
[やってみましょう!]
そのような時にどうすればいいのか。匿名さんにどの方法が合うかがわからないのですが以下から試しに「ゲーム感覚」で(←これ大事。頑張りすぎずにね♪)やってみていただければと思います。 1) まず深呼吸してみます。 ただし、「大丈夫リラックスして〜」と思わなくて良いのです。なぜなら「大丈夫」だと言い聞かせようとすればするほど「どうしよう。大丈夫じゃない。」とますます緊張してしまった経験はありませんか?この深呼吸は次からのステップを実践するために「間」を取るだけです。 2) 前述の「他人にとってのいい答え」を探しているという状態に気づき、「純粋な自分の意見」と「他人に合わせた意見」のどちらをこの場で選ぶか決めます。 例えばこんな感じ。「そもそも他人にとっての正解はわかるわけがないんだから、どうする?そのまま探す?どうせドキドキするんだったら、自分の意見でいいんじゃない?」など自分の中で作戦会議します。 3) 「お〜あがってる〜」、「緊張してる〜」ということに気づく。 その時、心臓の鼓動や、体の温度、手の汗、涙、鼻水、に気づく。 4) その状態を「そのままでいい」と言ってあげてください。 リラックスすることがいいこと(⚪️)、緊張していることはよくない(X)と考えると、頑張って「⚪️」を目指そうとしてしまい、ますます緊張してしまいます。緊張は、緊張するほどに自分の人生を必死に生きている証拠です。リラックスしようとせず、ただ「今日も頑張ってるんだね」って自分に言ってあげてくださいね。 5)そんな必死な自分を労わるために「呼吸」をしてみます。ひとまずゆっくり息を吐くことで硬直してしまった心と体を和らげることができるでしょう。
(おわりに) この中で、一番大切なのは、自分自身が今、この瞬間どうなっているかをほんの少し好奇心を持って眺めてみることです。そして、それを無理やり落ち着かせようとせず、「緊張をそのままにしてあげる」ことなのです。「そりゃ~緊張するよね。一生懸命やっているのだから当然よね。」と緊張している自分を丸ごと包み込んでみます。 何故ならリラックスしようと頑張ることで、逆に力みが生じ、思うようにならない自分にダメ出しをしてしまうかもしれません。そこで、あえて「そのまま」にしてみるのです。この行為はありのままの自分に優しさや柔らかさをもたらし、結果的に緊張から匿名さんを守ってくれるかもしれません😍そして、今後、そこまであがってしまう本当の理由について(例えば、自分の意見に自信を持てない理由、相談したら軽んじられてしまうではないかと困っていることも伝えられない理由等・・・)カウンセリングなどでご自分の心の中を探索できると良いかもしれませんね。
コーヒー豆_レベル._アイコン.
monu
8ヶ月前
私も最近まで就活してて、面接中毎回泣いてました。 絶対効くとは断言できませんが、出来るだけ口角を上げて笑っているようにするとあまり泣かずに済む時もありましたので試してみてください!
コーヒー豆_レベル._アイコン.
aaa1024
8ヶ月前
論文書けるなんてすごいです。羨ましいです