通知履歴
ようこそ!世界一こころ温まるカフェへ
お話の詳細
自由
Latte
1年前
独り言。 自分の考えをひたすら呟いてみる。 今自分は動物保護のボランティア活動に参加してる。 自分の主な活動の参加内容は 里親募集中の保護犬と一緒に街頭で募金を募る事。 一緒に行く保護犬は、本当に里親募集をしているし、 最近話題の某団体のように、天候や気温関係なしに連れ出したりしない。 きちんと保護犬の事を考慮した上で同行している。 お外や人が好きで、一緒に行きたがる子もいるし、 保護され、シェルターに半年近くいた子も 街頭に連れて行ってみた途端1週間もかからず決まる子もいたりする。 ほとんどの人は、 同行している保護犬を可愛がってくれるし 迎えられないけど、その保護犬のファンになってくださり、街頭で会うたび可愛がってくれる人もいる。 自分自身、この活動に参加できていることを 悪いことだとおもっていない。 一頭でも多く里親様が見つかれば その分、一頭の命をまた救うことができる。 年間で約3万頭の犬や猫が殺処分されている今 それを一頭でも減らす事が最優先だと思う。 保護団体が増えてきてると聞くが シェルターの件数はまだまだ足りていない。 もちろん、自分がこういう意見を持つように 反対の意見がある事も充分理解している。 でも、どちらの意見にも共通していることは 犬や猫、動物が好きだという気持ちを持っている事。 時々、街頭で街頭に犬を連れてくる事を、かわいそうだという意見を一方的に言ってくる人がいる。 すごい剣幕で怒鳴りつけてくる人もいる。 どちらも、自分の意見は聞きもしない。 そう言う人をクレーマーと言うらしい。 クレーマーに会うたびに、すごく嫌な気持ちになる。 反対意見を言ってくるのは全然構わないが きちんと話をして意見を言い合いたい。 そして、きちんと理解したい。 犬猫が好きな人同士なのに、 悪い事は何もしてないのに、 どちらも1つの意見として受け止めたいのに、 クレーマーになるだけで、会うだけで とても嫌な気持ちになる。 これはすごく、悲しいことだと思う。 でもきっと、クレーマー自身も 一方的に言っていて、いい気持ちではないと思う。 (なかには、言うだけでスッキリする人もいるかもしれないけど。) 保護活動自体、やり方は色々あると思う。 シェルターに重きを置いて活動する団体 インターネットに重きを置いて活動する団体 街頭にも重きを置いて活動する団体 それぞれのやり方でやったらいいと思う。 そこに、犬猫や動物たちが 暴行を受けたり、適切な治療を受けられなかったり 愛情をもらえないという事がなく、 きちんと大切にされているならいいと思う。 きちんと里親様の元にいけるのならいいと思う。 そんな事をふと思ってしまいました。
専門家にオススメ 1個, 共感 3個, コメント 0個