通知履歴
ようこそ!世界一こころ温まるカフェへ
お話の詳細
自由
peshr
1年前
親に嫌われない様に振る舞う事ばかり考えてた少年時代 小学校にも上がってない頃に6歳年上の男にレ○プされたあの日 その行為の意味を知ってから漠然とした不安を抱え続けてきた小中高時代 初めてできた彼女に嫌悪感剥き出しの形でLINEで振られた大学3年生 人と関わるのが怖くなる経験がちょっと多かった分、高校生くらいからは対人恐怖症気味、人とのコミュニケーションの取り方も割りと変だった。 田舎を出て大学に入学した直後も、サークル入れなかったり大学に馴染めなかったりで生きる事が憂鬱だった。 親との関係は別に悪くないし恨んでる筈もない。レ○プされた経験もトラウマって程でもない。極度のあがり症ではあるけど、ちょっとずつ友達もできて、今はそれなりに楽しく生きてる。 でも時々夜は涙が止まらなくなる。誰にも話したことのない自分の辛い思い出を誰かに話して可哀想だと思われたい、というどうしようもない欲求が心の底から湧き上がってくる。 承認欲求が溢れてリアルの知り合いに話しちゃう前にここに書き殴らせて下さい。
専門家にオススメ 0個, 共感 4個, コメント 0個